今週の注目(6月25日〜7月1日)

JUGEMテーマ:FX初心者

 

 

みなさん、こんにちは。

しいたけです。

 

 

今週はEUR/USDに注目していきたいと思います。

先週はEUR/USDが1.15を割るかどうかというところでしたが、

なんとか割らずに反発。

そのまま反発していくかどうか注視しておきたいと思います。

また、サイクル的にもそろそろ上昇が期待できる時間帯。

ローソク足の形もダブルボトムになってくれたらおもしろいなと思います。

 

 

ほいじゃ、

またね。

 

 

 

今週の注目(6月18日〜6月24日)

JUGEMテーマ:FX初心者

 

 

こんにちは。

しいたけです。

 

 

先週は注目していたEUR/USDやGBP/USDが

大きく下げてしまいました。

もしこのまま直近の安値を割るようなことがあれば、

一度ポジションをフラットにしようかと思います。

 

さて、一方AUD/USDが5月の安値0.74付近に迫ってきています。

ここを割れてくると下値余地が拡がってきそうなので、

様子をチェックしておきたいと思います。

 

今週はしばらく様子見をみながら、

流れをさぐっていきたいと思います。

 

 

ほいじゃ、

またね。

 

 

 

 

 

今週の注目(6月11日〜17日)

JUGEMテーマ:FX初心者

 

みなさん、こんにちは。

しいたけです。

 

先週はEUR/USDやGBP/USDが反発し、

狙っていた形が出てきた展開となりました。

基本的には今週も引き続きこの流れが継続して、

もうひと伸びほしいなと考えています。

 

その中でもしいたけの注目はGBP/CHF。

アップトレンドからの下落調整局面ではありますが、

1.30辺りのレジスタンスラインから反発中です。

また、メジャーサイクル中盤で、ここからアップトレンドに戻って、

上昇していくかどうかという流れかなと思っています。

一方で直近の安値の1.304を割れてくれば、

さらに2018年3月安値の1.285辺りを視野に入れてくる可能性があります。

さらにそれも割ってくるようなことがあると下値余地が拡大してきますが、

まずはその辺りを損切りラインにしながら、

ポジションを仕込んでいこうかなと思います。

 

さて、どう動いていくのか!?

 

ほいじゃ、

またね。

 

 

トレンドってなに?

JUGEMテーマ:FX初心者

 

こんにちは。

しいたけです。

 

 

ある日の自宅にて,

自分が2階にいるときに,

1階にいた2歳の息子から,

 

「パパ〜!」

 

と呼ぶ声が聞こえました。

 

息子:「パパ〜」

 

自分:ん?呼ばれたかな。

 

息子:「パパ〜」

 

自分:「はーい!」

 

息子:「パパ〜」

 

自分:「はーい!いまいくよ〜。」

 

と言って息子のところまで行きました。

するの息子は一言こう言いました。

 

 

「なに?」

 

 

・・・えええええ!!なに?ってなんだよ(笑)

パパを呼んだのそっちじゃーん!!

 

 

さてさて、そんな話は置いておいて、

 

いきなりですが、アップトレンドってなに?って聞かれたら説明ができるでしょうか。

トレンドの定義って基本中の基本のことかもしれませんが、

相場を分析するときにはやはりそのことを意識して確認しておくというのは

かなり重要だなと感じます。

 

ちなみに自分の中で

アップトレンドは、「安値・高値がともに切り上がっている状態」

ダウントレンドは、「安値・高値ともに切り下がっている状態」

と認識しています。

 

いわゆるダウ理論ってやつですね。

シンプルでわかりやすく、本質をついていてすごいなと思います。

ダウ理論を初めて知ったとき、

なるほどな〜と軽い衝撃を受けました(笑)

 

ダウ理論を勉強するまでは相場を見ながら、

いつも上か下か悩んでいるような状態でしたが、

ダウ理論を用いて考えるようになってからは、

よりトレンドを意識したトレードを心掛けるようになりました。

 

まだまだトレンドにうまく乗れないことが多いですが、

自分はダウ理論をベースにして、環境認識を行っています。

次こそ大きな流れに乗っかってやるのだ!!

 

 

ほいじゃ、

またね。

クロス円堅調だが・・・

みなさん、こんにちは。

しいたけです。

 

 

昨日(6月4日)は、クロス円や資源国通貨が堅調な展開でしたね。

自分は今年に入ってからの流れに全くついていきてなかったので、

クロス円に関してはいまは様子見が続いています。

方向感がよくわからないので、

「休むも相場」ということで積極的なエントリーは控えています。

 

一方でGBP/USDと同様にEUR/USDの反発も要チェックや〜って

ことで少ししかけてみようかと思います。

 

 

ほいじゃ、

またね。

今週の注目(6月4日〜6月9日)

JUGEMテーマ:FX初心者

 

 

みなさん、こんにちは。

しいたけです。

 

今週はGBP/USDに注目してみようかと思います。

日足を確認すると、

今年の1月と4月の高値(約1.44手前)をダブルトップ、

3月の安値(約1.37)をネックラインとして、

現在の位置がほぼターゲットを達成したように思います。

長期の展望はよくわかりませんが、

短期ではサイクル的にもそろそろ反発の時期に来ていると考えているので、

今週はポンドに注目していきます。

 

さて、どう動いていくのか!?

 

ほいじゃ、

またね。

RSI

JUGEMテーマ:FX初心者

 

みなさん,こんにちは。

しいたけです。

 

2度目の挑戦も移動平均線の使い方を間違ってしまったりで,

苦しいスタートとなりましたが,

今度はルール作りに向けてRSIに注目してみました。

 

RSIとはオシレーター系の指標の一つで,

簡単に言うと

 

RSIが70%より高ければ買われすぎなので,逆張りの売り

 

RSIが30%より低ければ売られすぎなので,逆張りの買い

 

というのが一般的な解釈でしょうか。

 

自分はとにかくルールを考えるときに,複雑すぎたり,

難解だったりすると,絶対長続きしないと考えたので,

RSIは非常にわかりやすく,使い方も簡単そうだったので,

 

これいいじゃん!!

 

って感じで使ってみることにしました。

 

あまりに時間軸が短すぎるとダマシが多いかなと思ったので,

1時間足ぐらいに注目し,RSIが30%か70%のラインに来るまで待機。

 

☆ワクワク☆

 

☆ワクワク☆

 

70%超えたで!よし!キター!

 

売りエントリーじゃ!

 

ポチっとな!

 

しばらく様子見。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

おぉ,レートが下がってきた!!

 

ここで利確だ!!

 

ポチ。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

やったー。うまくいった☆

 

これいいじゃん!ってことで,

その後も1時間足を基準としてRSIを継続して使ってみました。

 

始めのころはもちろん損切にかかることもありましたが,

狙い通りの動きがでることが多く,結構うまくいきました。

少しずつ利益を重ね,順調に進んでいるように思われました・・・

 

が,

 

ここに大きな落とし穴があったのです。

 

多少利益を出すことができたことに,すっかり慢心してしまいました。

RSIが基準値を超えてるから,

 

そろそろ反転するに違いない!

 

と過信してしまったのです。

 

ある日のトレードで,

一回目のエントリーで損切になりました。

しかし,

 

そんなはずはない!

反転するはずだ!

たまたま少しエントリーが早かっただけだ!

 

と考え,損切してすぐに2回目のエントリー。

 

2回目のエントリーも同じように考え,3回目のエントリー。

しかも回数を重ねるごとに,損失を取り返そうと,

ポジションを大きくしてしまいました。

 

3回目のエントリーが損切になっても,

さらにポジションを大きくし,4回目のエントリー。

 

もうそのころは冷静な判断ができなくなってしまいました。

とにかく負けたのを取り返そうと,とにかく必死。

 

そして4回目は損切になりそうになると,損切のラインを何度も変更し,

どんどん含み損が増える結果に・・・。

 

チーン・・・。

 

はい。

 

死亡しました。

 

いままでコツコツ貯めた利益をすべて吹き飛ばすと同時に,

多大な損失がプレゼントされましたTT

 

これがいわゆる,

 

コツコツ,ドカン!!ですからぁ!!

残念!!(笑)

 

ってことで,今回も撃沈。

だいぶあとになって気づかされましたが,

RSIは特にレンジ相場などには力を発揮するが,

強いトレンドがでると張り付いてしまうため,

ダマシになりやすいのです。

 

今回もきちんと分析してみると,まさにその通りで,

使い始めたときは,たまたまレンジ相場でうまくいっていただけで,

その後に強いトレンドがきたのでRSIが張り付いてしまい,

なかなか反転していませんでした。

 

本を読み返してみても,しっかりそのことも書かれてありました。

親切に書いてくれているのに,身をもって体験してみないとなかなかわからないな,

と感じたのでした。

 

また,RSIの数値だけでなく,向きとか角度とかも大事だと感じました。

 

 

今回もうまくいきませんでしたが,

移動平均線とRSIの失敗からいろいろ考えさせられました。

その辺はまた次回ということで,

 

ほいじゃ,

またね。

二度目のTRY

JUGEMテーマ:FX初心者

 

 

みなさん,こんにちは。

しいたけです。

 

さて,これまでの足取りの続き。

 

一回目の退場から数か月がたち,

二回目の挑戦が始まりました。

 

今度はなんとか利益を出すぞ!!

ってことで,退場させられている間も少しずつ勉強しました。

 

その中でいろんな書籍を読んでいると,

やはりトレードのルールが必要だということに改めて気づかされました。

 

もちろん自分でルールを作ったこともなく,

 

どうやってルール作るの?(笑)

 

って感じからのスタート。

 

独学なのでいろいろ書籍を読みながら考えましたが,

ルール作りに関して書かれてある書籍にうまく出会えず,

とりあえず,なにかテクニカル指標を使おうということに。

 

いままでもテクニカル指標をなんとなく使ってはいましたが,

もっとテクニカル指標に重点を置いてみようと思いました。

 

まず注目したのが,なんといっても

 

移動平均線。

 

よく書籍などには,

 

ゴールデンクロスで買い,デッドクロスで売り

 

と書かれていることが多いですが,

そのときチャートをいろいろ見ながら考えたことは,

ゴールデンクロスっていっても

 

すでにだいぶ価格上がってるじゃん!!

 

ということでした。確かにゴールデンクロスで

うまくいっているチャートもありましたが,

そのときはなんとなく,

 

そんなに簡単にうまくいくの?

 

って思いもあり,その使い方はやめておこうと思いました。

さらにチャートを見ながら移動平均線の日数や時間をいろいろ変えてみると,

不思議なことに,きれいに移動平均線で反発しているものがあり,

 

これすげー!!

日数や時間を調整して,次に移動平均線に触れたときにエントリーすればいいじゃん!!

 

って考えました。

 

よしよし。これはいけそう。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ということで,

チャートを見ながら,移動平均線でピッタリ反発するように日数や時間を調整して,

準備完了。

 

あとは,再びこの移動平均線に触れたらエントリー。

 

ワクワクしながら,そのときを待ち,

ついにその時が!!

 

ポチっとエントリーして,

 

さあ,こいやぁ!!

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

おぉ!!きた・・・

 

ん?

 

あれ?

 

なんでやねん!!

 

 

移動平均線そのまま突き抜けていったがな!

 

 

これまた思ってたんとちがうやないかーい。

 

 

結局何度かやってみましたが,全くいまくいかずTT

そのときはなんでうまくいかないんかなぁと悩みましたが,

移動平均線は過去の価格に対して平均をとったもので,

カーブフィッティングを行えば,それに従ってチャートが動いているようにみえるけど,

未来はその通りに動くとは限らないという当たり前のことに後になってから気づきました。

 

移動平均線の使い方,完全に間違ってますから!!

残念!!(笑)

 

ということで,2度目の挑戦も厳しいスタートになりましたが,

ルール作りの旅はまだまだ続くのでした。

 

 

ほいじゃ,またね。

書籍紹介

JUGEMテーマ:FX初心者

こんにちは。

しいたけです。

 

今年も残すところあと一日。

みなさん,今年のトレードはいかがでしたでしょうか。

 

自分は今年,だいぶポンドに振り回されましたが,

昨年よりはまともなトレードができたかなと

思っております。

 

ところで,みなさんはどのように勉強されてますか。

自分がFXを始めたころはとにかくわからないことだらけだったので,

本をたくさん読みましたが,

今回はその中から特に自分にとってわかりやすかった書籍を紹介します。

 

まずは,

 

一番売れている投資の雑誌ZAiが作った「FX」入門

ザイFX!編集部×羊飼い 編

 

・・・初心者が一番最初に読むべき本。

   簡潔にエッセンスがまとめられていて,とても分かりやすい!!

   FXの一通りの知識について知ることができる。

 

 

一番売れている投資の雑誌ZAiが作ったFXトレード演習帖

松下誠×ザイFX!編集部 編

 

・・・上と同じシリーズの演習帖。先ほどのFX入門と併用して読むと理解が深まる。

   チャートをどのように考え,エントリーを行うかなど演習を通じて教えてくれる。

   基本的には初心者向けの書籍だと思う。

 

 

FX CHART READING MASTER BOOK

井上 義教 著

 

・・・その名の通りチャートの読み解き方について詳しく説明してある。

   テクニカル指標についても,移動平均線,MACD,ストキャス,ボリンジャーバンド

   の代表的なものに絞って解説してあり,それらについて深く知ることができる。

   また,それだけではなく,マネーマネージメントや勝つために必要な作業や心構えなどにも

   触れられており,とても勉強になる。

 

 

FXサイクル投資法マスターブック

松下誠 著 

 

・・・自分の中では一番のおすすめ!!自分のトレードスタイルの原点となっている本。

   サイクル論に関して書かれてあり,その内容はとてもシンプルだが奥が深い内容となっている。

   トレードルールの必要性やトレードの優位性についてなどについても書かれてあり,

   トレードに対する全般的な考え方も教えてくれる。

   また,サイクル論を用いた具体的なトレードルールも紹介してくれているので,

   自分のトレードに取り入れやすい。とにかく読むべき本。

 

 

相場サイクルの基本 メリマンサイクル論

レイモンド・A・メリマン 著

 

・・・FXサイクル投資法マスターブックの元となっている理論が書かれている本。

   松下誠さんの本と同様に必読の価値あり。

  

 

以上,今回は5冊を紹介しました。

みなさんもこれは良かったという書籍があったら教えてくださいね。

これからもしっかり勉強して,

理想のトレードできるようにがんばっていきましょう!

 

 

ほいじゃ,またね。

よいお年を。

 

負けパターン

JUGEMテーマ:FX初心者

 

 

こんにちは。

しいたけさんです。

 

さてさて,一回目の挑戦はあっという間に退場。

 

その間のトレードといえば,

 

・買っては下がり,売っては上がることの繰り返し。

・損切りになったところから,レートが戻りはじめ,

 再びエントリーするとまたやられる。

・損を取り戻そうと大きなポジションを持って,さらに大きくやられる。

・少しの利益でもすぐ確定してしまうが,損失は確定できずに,さらに損失を拡大する損大利小になっている。

・とにかくポジションを持ちたがる。

 

などなど,あとから冷静になって考えると,

 

これって失敗の見本じゃん!!

 

って突っ込みたくなるようなトレードばかりでした。

 

下手くそながらにいろいろと勉強になった一回目挑戦。

振り返ってみると負けるべくして負けていたのですが,

精神的なダメージはかなり大きく,

その後数か月は相場から離れました。

ただ資金がなかっただけというのありますが・・・(笑)

 

負けず嫌いな性格なので,なんとか勝つために勉強して,

さあ,2回目の挑戦へ!

 

 

ほいじゃ,またね。